無料資料請求はこちらから

太陽光発電のメリット 2017年度版

よく聞く太陽光発電のメリット(太陽光発電は災害時の使用、環境を汚さない、投資、売電で電気代を節約できる・・・等々)を具体的に見ていきましょう。

電気代の削減・売電

電気料金の表

メリットその1はやはり電気代の削減です。

みなさんもこの図を一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。販売店にシミュレーションの作成などをお願いしたことある人は見たことがあるかもしれません。

この図は1日の使用電気を朝から晩までまとめた図です。朝は朝ご飯、掃除洗濯などで一時的に使用量が多くなり、太陽光は一番強くなる日中には使用電気は少なくなります。そして晩には、電気を付け、テレビや料理などで電気量は多くなることを表しています。

発電を表すオレンジの領域が日中は使用電気を上回ることがわかると思います。これは上回っている間、電力会社から電気を買わなくても生活ができるということです。そして上回った分、これは売電として、収入の一部にすることが可能です。

最近では太陽光による売電収入を「年収」の一部として計算してくれる銀行も増えてきました。

また、この上回る分を蓄電池に貯め、夜に使うということもできます。

売電収入を含めたグラフ

環境への貢献

環境への貢献の扉画像

メリットその2は環境へ貢献できるということです。

太陽光のエネルギーはとても膨大な量です。もし地球に降り注ぐ太陽光エネルギーを100%変換することができると、わずか1時間で地球上の1年分の消費電力をまかなうことができると言われております。

そして、太陽光発電が注目されている理由の一つに「クリーン」があります。

低炭素社会の実現には再生可能エネルギーの二酸化炭素排出量を効率良く減らすことが不可欠です。

太陽光発電は唯一発電機(カービン)を回さないで発電する方式なので、他の再生可能エネルギーの弱点をカバーしてくれる様々な特徴があるわけです。

また、太陽光発電以外の再生可能エネルギーは全て発電機を作る方法です。風力発電には渡り鳥の進路妨害問題、地熱発電では広大な地域が必要になります。

さらには一般のご家庭に嬉しいメンテナンスフリーなども近年増加する要因のひとつではないでしょうか。

太陽光発電のメリットとして最も大きいのが杉の木150本分も二酸化炭素の削減です。

災害時の自立運転

災害時に賢く電気を使うことで様々な効果を生み出せるのが太陽光発電のメリットです。

太陽光発電を語る上ではずせないメリットが災害時の使用についてです。

突然の災害による停電、ないことにこしたことはないですが、もしそんな災害があったら・・・

太陽光発電システムの自立運転を行うことにより、停電時に電力を使用することが可能になります。

例えば、冷蔵庫の運転は飲食物の確保にはかかせません。また、携帯電話の充電や、テレビを使うことによる正確な情報の確認はとても大切です。身の回りで起きていることを確認することにより、より落ち着いた行動を行うことができます。ポットの電力を使えば、煮沸消毒が行えるので例えば赤ちゃんの哺乳瓶の消毒等に使えますね。

家族のためだけではなく、近隣の方を助けることもできるのです。あなたのその行動がひとつの命を救うこともあるでしょう。

それだけ今の時代は、電気がなくてはならない生活だということを認識するべきなのです。
「もし突然電気が使えなくなったら・・・」最悪の事態を想定し、備えることがこれからの電気社会には必要になります。

「もし突然電気が使えなくなったら・・・」最悪の事態を想定し、備えることがこれからの電気社会には必要になります。

太陽光発電のメリットについて、このページで見ていきましょう。